めいのきまぐれ植物図鑑

花の由来・花言葉・誕生花などを紹介します

ガンピセンノウ

 ガンピセンノウ(岩菲仙翁)

種 類:耐寒性多年草宿根草) ナデシコ科 センノウ属

別 名:ガンピ、クロフシ など

学 名:Lychinis coronata

花 期:6~8月頃 花びらの先端に切れ込みのある花を咲かせる

由 来:紙の原料になる雁皮(ガンピ)に似た花を咲かせ、「センノウ」はかつて仙翁寺で栽培されていたことから由来する

誕生花:1月5日、8月5日

f:id:meisa33:20190917120106j:plain

特 徴:
ナデシコ特有の花びらの先端がギザギザの鋸歯状になっているのが特徴

病害虫:

手入れ:5月~6月頃に摘心すると、わき芽が増えて花数が増える
風の強い場所では花時期支柱を立てる

メ モ:
・中国原産のナデシコの仲間で、日本には江戸時代より前に渡来したといわれている
・古くから茶花として親しまれている
室町時代には七夕の頃に、贈答品としてセンノウの切り花が盛んにやり取りされ、観賞されていたことから、七夕を仙節(仙翁花の節)と呼んでいた
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(山野草)ガンピセンノウ(岩菲仙翁) 3号(1ポット)
価格:640円(税込、送料別) (2019/9/17時点)

カワラナデシコ

 カワラナデシコ(河原撫子)

種 類:多年草 ナデシコ科 ナデシコ

別 名:ヤマトナデシコ、トコナツ

学 名:Dianthus superbus var. longicalycinus

花 期:5~8月頃 白、ピンク、褐色の花を咲かせる

由 来:ナデシコの花が可憐で愛らしいことから「撫でるように可愛がる子」に例え、河原に自生することから由来する

花言葉:大胆、才能、純愛 など

誕生花:7月14日、7月15日

f:id:meisa33:20190917114310j:plain

特 徴:
・花弁は5枚からなり、花びらの先が細かい刻みがあるのが特徴
・野山や河原に自生する花なので丈夫な性質で育てやすい

病害虫:アブラムシ

手入れ:蒸れると病気が発生しやすくなるため花後は早めに株元から切り戻す

メ モ:
・日本原産の植物で、本州、四国、九州、沖縄諸島に分布しており、日当たりの良い草原や川原などに自生している
万葉集にも詠われている秋の七草のひとつ(ハギ、ススキ、キキョウ、ナデシコ、クズ、フジバカマ、オミナエシ
春の七草は、食べて無病息災を願うのに対し、秋の七草は、眺めて楽しむ草花で、万葉集の「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝顔の花」が元になっており、朝顔はキキョウのことだといわれている
・開花時期が夏~秋に向けて咲くことから、別名:常夏(トコナツ)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【4色から選べる】カワラナデシコ 河原撫子 3号ポット苗
価格:432円(税込、送料別) (2019/9/17時点)

カモミール

カモミール 

種 類:一年草多年草 キク科 カミツレ

別 名:カモマイル、カモミーユ など

和 名:カミツレ

学 名:Matricaria recutita(ジャーマン種)Anthemis nobilis(ローマン種)

花 期:5~8月頃 芳香のあるデイジーに似た白い花を咲かせる

由 来:カモミールの語源は古代ギリシア語で、「大地のりんご」を意味する「カマイメロン」に由来する

花言葉:逆境に耐える、苦難の中の力 など

誕生花:2月14日、3月14日 など

f:id:meisa33:20190916111906j:plain

特 徴:
・ハーブとして親しまれているものにはジャーマン・カモミールとローマン・カモミールの2種がある
・ジャーマン種は一年草で、ローマン種は多年草で、花はジャーマンよりローマンの方が少し大きめで、香りが強く、ローマンは、葉、茎、花、全てからリンゴのような香りがするが、ジャーマンは花だけからリンゴのような香りがするのが特徴

病害虫:うどんこ病、アブラムシ、ハダニ など

収 穫:収穫は茎ごと束ねて刈り取るか、花の部分を刈り取り、風通しのよい日陰でゆっくりと乾燥させ、密閉容器で保存する

メ モ:
・ロシアでは、国花として用いられている
カモミールには体内の平滑筋という筋肉の組織を落ち着かせる作用があり、腹痛や胃痙攣、女性の生理痛などを和らげる効能があるが、妊娠中の人やキク科アレルギーの人はハーブとしての使用は避けることをおすすめする
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハーブの苗 「ローマンカモミール 9cmポット」
価格:324円(税込、送料別) (2019/9/16時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

有機たいひで育てる ハーブ・香草の土 5リットル
価格:670円(税込、送料別) (2019/9/16時点)

カクトラノオ

 カクトラノオ

種 類:多年草 シソ科 ハナトラノオ

別 名:フィソステギア、ハナトラノオ

学 名:Physostegia virginiana

花 期:6~9月頃 白や淡いピンク、紫色などの花を咲かせる

由 来:茎の断面が四角く、花穂を虎のしっぽに見立てたことから由来する

花言葉:あなたとの約束

誕生花:6月20日

f:id:meisa33:20190912142632j:plain

特 徴:
・花もちがよいため、切り花としても利用できる
・繁殖力が旺盛で地下茎を伸ばして増えていき、地上を伸びる茎はあまり枝分かれしないのが特徴

病害虫:病害虫に強い

手入れ:花が終わったら花茎を下から切り落とす

メ モ:
・北アメリカ原産の植物で、日本には明治末期~大正時代頃に渡来したといわれている
 

カキツバタ

 カキツバタ(杜若)

種 類:多年草 アヤメ科 アヤメ属

別 名:-

学 名:Iris lavigata

花 期:5~6月頃 紫色の花を咲かせる

由 来:花の汁が服を染めるために利用されており、「書き付け花(カキツケハナ)」と呼ばれていたのが転じたことから由来する

花言葉:幸運は必ず訪れる、幸運 など

誕生花:4月17日、4月29日 など

f:id:meisa33:20190911155013j:plain

特 徴:
・アヤメ、ハナショウブカキツバタは見た目が似ているが、生育場所で見分けることができる(アヤメ:畑や草地、ハナショウブ:湿地、カキツバタ:池の浅瀬)

病害虫:アブラムシ

手入れ:黄色くなって垂れた葉や、咲き終わった花 がらなどはこまめに摘み取る

メ モ:
・日本原産の植物で、江戸時代前半から観賞用に多くの品種が改良された古典園芸植物である
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カキツバタ 10.5cmポット 1本【1年間枯れ保証】【球根】
価格:1296円(税込、送料別) (2019/9/11時点)

オダマキ

 オダマキ苧環

種 類:多年草 キンポウゲ科 オダマキ

別 名:アキレギア、イトクリソウ

学 名:Aquilegia spp.

花 期:5~6月頃 苧環(おだまき)の形に似た花を咲かせる

由 来:麻糸を巻くために使った苧環に花の形が似ていることから由来する

花言葉:愚か など

誕生花:5月14日(紫)、5月29日(赤)

f:id:meisa33:20190910120033j:plain

特 徴:
・夏の直射日光に弱いため、真夏は風通しのいい半日陰が好ましい

病害虫:アブラムシ、ハダニ、ヨトウムシ など

手入れ:花後、花を首元から切り落とすか花がらを摘み取っておく

メ モ:
・日本原産のミヤマオダマキと、ヨーロッパなどが原産のセイヨウオダマキの2グループに大別され、一般的に出回っているのはセイヨウオダマキの改良品種である
アメリカ合衆国の国花は「セイヨウオダマキ」である
 

ウンナンサクラソウ

 ウンナンサクラソウ

種 類:宿根草 サクラソウ科 サクラソウ

別 名:プリムラ・フィルクネラエ

中国名:報春花

学 名:Primula filchnerae

花 期:2~4月頃 サクラに似た花を咲かせる

由 来:中国雲南省原産の植物で、サクラに似た花を咲かせることから由来する

花言葉:初恋 など

誕生花:2月18日

f:id:meisa33:20190910115914j:plain

特 徴:
・耐暑性が強くないので夏を越すことは難しく、日本では花が咲き終わると枯れて翌年は種で増えるのが一般的
プリムラ・シネンシスに似ていて、花がやや小さく花つきに優れている

病害虫:病害虫に強い

手入れ:ある程度花が咲き終わったら花茎ごと切り取る

メ モ:
・中国原産の植物で、桜の花びらのようなやさしい色合いと香りもよいところから人気がある
 

インパチェンス

 インパチェンス

種 類:非耐寒性多年草一年草)ツリフネソウ科 ツリフネソウ属

別 名:インパチエンス

和 名:アフリカホウセンカ

学 名:Impatiens walleriana

花 期:5~10月頃 

由 来:「Impatiens」はラテン語「impatient(短気)」が語源となり、実が成熟するとちょっと触れただけでも破裂し、タネをまき散らすことから由来する

花言葉:鮮やかな人、強い個性 など

誕生花:7月25日

f:id:meisa33:20190909115939j:plain

特 徴:
・初夏から秋まで咲く春まき一年草で、日当たりの悪い場所でもよく育つ

病害虫:アブラムシ、ハダニ

手入れ:生育旺盛な成長期は絶え間なく花を咲かるので、しおれた花はこまめに摘み取ると長期間元気に花を咲かせ続ける

メ モ:
・熱帯アフリカ原産の植物で、世界に約800種類もの品種があり、一重咲きの花色違いのほかに、八重咲きやバラ咲き、星咲きの品種などもある
・非耐寒性多年草植物で耐寒温度は10度以上のため、日本では一年草扱いの植物に分類されている
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

インパチェンス 花苗24ポットミックス セット
価格:4800円(税込、送料無料) (2019/9/12時点)

イワダレソウ

 イワダレソウ(岩垂草)

種 類:多年草 クマツヅラ科 イワダレソウ属

別 名:リッピア

学 名:Phyla nodiflora

花 期:7~10月頃 白い花を咲かせる 

由 来:岩場に垂れるようにして咲くことから由来する

花言葉:忍ぶ恋

f:id:meisa33:20190909115827j:plain

特 徴:
・近縁種の「ヒメイワダレソウ」と違って、花穂が長く、下から上へと咲き上がっていくのが特徴
・踏圧耐性という性質も備わっていて、踏まれても大丈夫なことから芝生のような扱いに適している

病害虫:白絹病

手入れ:イワダレソウは根が深く生えるので、取り除いて別の植物を植えようとしても育てるのが難しくなるため、しっかり考えてから植えることをおすすめする

メ モ:
・日本や亜熱帯各地原産の植物で、伊豆半島から南西諸島の海岸側にかけて分布している
 

アジュガ

 アジュガ

種 類:多年草 シソ科 アジュガ

別 名:セイヨウキランソウ

和 名:セイヨウジュウニヒトエ

学 名:Ajuga reptans

花 期:4~5月頃 青紫色の花を咲かせる

由 来:和名の「西洋十二単」は幾重にも重なって咲く花姿を平安時代の貴族女性の正装である「十二単」に例えたことから由来する

花言葉:強い友情、心休まる家庭 など

誕生花:4月26日

f:id:meisa33:20190909115611j:plain

特 徴:
・日本に自生する「ジュウニヒトエ」の近縁種で、品種によって赤紫・白色などの花がある
・暑さや寒さに強く、生育旺盛で四方八方に広がり、半日陰でもよく育つ
・常緑性で茎が匍匐しマット状に広がるため、グランドカバーとしても利用されている

病害虫:ハダニ、アブラムシ、灰色カビ病

手入れ:花が終わった後の花茎は根元から切り落とし、梅雨時期は茂りすぎて株が蒸れて病気になり枯れることがあるため、株の高さを半分くらいに切って風通しを良くするか株分けをする

メ モ:
・ヨーロッパ原産の植物
・他の植物が育ちにくいような日陰でも育ち、石垣、土手など斜面の土止め、雑草よけなどに用途が広い
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アジュガ ‘チョコレートチップ’
価格:324円(税込、送料別) (2019/9/10時点)

アゲラタム

 アゲラタム

種 類:非耐寒性多年草一年草)キク科 アゲラタム属

別 名:-

和 名:オオカッコウアザミ

学 名:Ageratum

花 期:5~10月頃 ポンポンのような青紫、白色等の花を咲かせる

由 来:花色が長期間色褪せないことから、ギリシア語で不老を表す「ageratos」から由来する

花言葉:信頼、安楽 など

f:id:meisa33:20190906144828j:plain

特 徴:
・アゲラタムには高性種と矮性種がありますが、ポット苗でよく出回っているのは矮性種の方で、高性種は切り花に用いられている

病害虫:灰色かび病、アブラムシ など

手入れ:次の花が咲きやすいようにこまめに花がら摘みを行い、7月頃に切り詰めると形もまとまり、秋に花を咲かせる

メ モ:
・熱帯アメリカ原産で、夏に盛んに成長し、高温多湿にも強く育てやすい
・非耐寒性多年草植物で耐寒温度は10度以上のため、日本では一年草扱いの植物に分類されている
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アゲラタム 0.6ml 【春】【秋】 【郵送対応】
価格:162円(税込、送料別) (2019/9/9時点)

アキランサス

 アキランサス

種 類:非耐寒性多年草一年草ヒユ科 アルテナンセラ属

別 名:テランセラ、アルテルナンテラ、アルテナンテラ など

和 名:モヨウビユ

学 名:Alternanthera ficoidea

花 期:10~11月頃 

由 来:花のおしべのつき方から由来し、「alterno」というラテン語の「交互につく」という意味と、「anthera」というギリシャ語で「葯」 という意味の言葉を組み合わたといわれている

花言葉:燃え上がった情熱、粘り強い など

 f:id:meisa33:20190906102215j:plain

特 徴:
・秋に開花するが地味で、葉色が赤、桃、黄、橙、紫などカラフルで美しく、主にカラーリーフプランツとして、花壇の縁取りやコンテナの寄せ植えなどに多く利用されている

病害虫:病害虫に強い

植付け:発根には20℃以上が必要のため、5~7月頃に植え付ける

メ モ:
・非耐寒性多年草植物で耐寒温度は10度以上のため、日本では一年草扱いの植物に分類されている
・アルテルナンセラ属の植物は熱帯から亜熱帯に約200種が分布している
中南米と北米の熱帯、温帯地方原産の植物で、夏に盛んに成長し、高温多湿にも強く育てやすい
 

アガパンサス

アガパンサス

種 類:多年草 ヒガンバナ科 アガパンサス

別 名:アフリカンリリー

和 名:ムラサキクンシラン

学 名:Agapanthus africanus

花 期:5~8月頃 ラッパ状の形で紫、白、青色などの花を咲かせる

由 来:ギリシア語のアガベ(愛)とアンサス(花)の2語からなり、「愛の花」という意味をもつ

花言葉:恋の訪れ、ラブレター、恋の季節 など

f:id:meisa33:20190903113313j:plain

特 徴:
・土質を選ばず植えっぱなしにしても毎年花が咲くほど丈夫で、病害虫に強く、手がかからないので初心者におすすめ
アガパンサスは基本的に草丈が高く葉に厚みがあるため寄植えは難しいが、小ぶりの品種もある

病害虫:アブラムシ

手入れ:花が終わったら花茎の付け根から花も含めて切り落とすと翌年の花つきがよくなる(種を採取する時は必要な分だけ残しておく)

メ モ:
南アフリカ原産の植物で、日本に渡来したのは明治中期頃といわれており、現在園芸品種は300種以上ある
・昔は花びらがユリに似ていることもあり、ユリ科に分類されていた
・ヨーロッパでは、愛や恋を象徴する花として知られ、贈り物に人気のある植物である
 

植物図鑑(草花編)

f:id:meisa33:20190903164836p:plain
植物名から探す

あ行
アガパンサス
アキランサス
アゲラタム
アジュガ
イワダレソウ
インパチェンス
ウンナンサクラソウ
オダマキ
か行
カキツバタ
カクトラノオ
カモミール
カワラナデシコ
 
 

 

ハクチョウゲ

ハクチョウゲ(白丁花

種 類:常緑低木 アカネ科 ハクチョウゲ属

別 名:ハクチョウボク、バンテイシ など

学 名:Serissa japonica

花 期:4~5月頃 白い小さな花を咲かせる

果 期:-

由 来:花の形が丁字型の白い花を咲かせることから由来する

花言葉:純愛

誕生花:5月20日

f:id:meisa33:20190830142219j:plain
特 徴:
・耐寒性、耐暑性があり、乾燥、湿気にも強く病害虫にも強いので初心者におすすめ
・刈込みに強いため生垣としても利用されている
・花は白色だが、桃色を帯びるものもあり、斑入り種も多く流通している
 
病害虫:病害虫に強い

剪定時期:5~6月頃(花後すぐ)
※夏に花芽ができるため冬に強剪定をすると花つきが悪くなるので注意
 
メ モ:
・星のような花の形から「満点の星」が転じて、別名:バンテイシ(満点星)
 

写真素材 PIXTA