めいのきまぐれ植物図鑑

花の由来・花言葉・誕生花などを紹介します

ギンギツネ

 ギンギツネ(銀狐)

種 類:多年草 イネ科 チカラシバ

別 名:フェザートップ、ペニセタム・ビロサム

和 名:ギンギツネ(銀狐)

学 名:Pennisetum villosum 

花 期:7~8月頃 白くふわふわの穂をつける

由 来:穂が白いキツネのしっぽに見えることから由来する

f:id:meisa33:20200221165204j:plain

特 徴:
・寒さにはやや弱いが暖地ではよく殖え、たくさんの花を上げる
エノコログサを巨大にしたような姿で、穂の大きさが20~30cmもある
・ふんわりとドーム状の草姿になり、地下茎であちこち殖えるタイプではないため比較的扱いやすい品種
チカラシバの仲間で、花壇やドライフラワーなどでよく利用されている

病害虫:病害虫に強い

手入れ:-

メ モ:
・熱帯アフリカ原産の植物のため寒さに少し弱い
 

 

写真素材 PIXTA