めいのきまぐれ植物図鑑

花の由来・花言葉・誕生花などを紹介します

ヤマモモ

ヤマモモ(山桃

種 類:常緑高木 ヤマモモ科 ヤマモモ属

別 名:ヤンメ、ヤンモ など

学 名:Morella rubra

花 期:3~4月頃 桃色の小さな花を咲かせる

果 期:6~7月頃 紅紫色の実をつける

由 来:山に生え、モモのような果実をつけることから由来する

花言葉:教訓、一途、ただ一人を愛す

誕生花:6月22日

f:id:meisa33:20190809110746j:plain
特 徴:
ホルトノキに似ていて、ホルトノキは落葉が赤くなり、常に少数の葉が赤く色づいているのが特徴的な違い
 
病害虫:病害虫に強い

剪定時期:2~3月頃
※内向きの枝や交差する枝を間引いて花芽を切り落とし、着果数を制限させる
 
メ モ:
・果実は甘酸っぱく、ジャムや果実酒等によく加工されているが、生食用には日持ちが悪いためあまり市場には流通しない
静岡県伊東市 蓮着寺にある日本最大のヤマモモは、平城天皇の楊梅陵から移植されたと伝えられ、国の史跡名勝天然記念物に指定されている
 

写真素材 PIXTA