めいのきまぐれ植物図鑑

花の由来・花言葉・誕生花などを紹介します

ハナノキ

ハナノキ(花の木

種 類:落葉高木 カエデ科 カエデ属

別 名:ハナカエデ など

学 名:Acer pycnanthum

花 期:4月頃 葉が展開する前に赤い花を咲かせる

果 期:5月頃 雌花の柄が伸びて実がぶら下がる

由 来:春先、葉に先立って木全体が赤く見えるほど花をつけることから由来する

花言葉:信仰

誕生花:3月21日、3月28日 など

記念樹: 

f:id:meisa33:20200323120151j:plain

特 徴:
・ハナカエデの別名があるように、秋の紅葉が観賞の主体になるカエデの仲間にあって、花を観賞できるのが本種
・雌雄異株で、特に雄花は集まって咲くのでよく目立ち、実もほかのカエデが秋に熟すのに対し、5月には成熟する
・自生地での個体数はあまり多くないが、春の開花時には、遠いところからでも樹冠いっぱいに花をつけた姿が目につく

病害虫:病害虫に強い

剪定時期:11~2月頃

メ モ:
・日本で自生しているのは愛知・長野・岐阜・滋賀の4県のみ
・愛知県の県木に指定されている
 

写真素材 PIXTA