めいのきまぐれ植物図鑑

花の由来・花言葉・誕生花などを紹介します

ローズマリー

 ローズマリー

種 類:常緑低木 シソ科 マンネンロウ

別 名:マンネンロウ(万年朗/万年蝋/万年露)

和 名:メイテツコウ(迷迭香)

学 名:Rosmarinus Officinalis

花 期:10~5月頃 白、淡いブルー、ピンク、薄い紫色の花を咲かせる

由 来:海辺に自生すること、青色の花が海の色を連想させることからラテン語で「海のしずく」という意味の「ロスマリヌス」に由来する

花言葉:あなたは私を蘇らせる、変わらぬ愛 など

誕生花:1月13日、1月21日、4月23日 など

f:id:meisa33:20200204155304j:plain

特 徴:
・垂直に伸びる立ち性タイプと、地面を這うように伸びるほふく性タイプ、中間の半立性タイプがある

病害虫:ヨトウムシ、うどんこ病 など

手入れ:放っておくと木質化が進んでしまうので、重なり合う枝や風通しの悪い部分の枝は間引く

メ モ:
・スキッとした強い香りが特徴のハーブで、生葉もしくは乾燥葉を香辛料として、また精油は薬にも用いられる
・地中海沿岸地方原産の植物で、日本には江戸時代末期頃に渡来したといわれている
 

 

写真素材 PIXTA