めいのきまぐれ植物図鑑

花の由来・花言葉・誕生花などを紹介します

マリーゴールド

 マリーゴールド

種 類:非耐寒性多年草一年草)キク科 コウオウソウ属

別 名:キンセンカ、マンジュギク など

和 名:コウオウソウ(紅黄草)、クジャクソウ(孔雀草)など

学 名:Tagetes

花 期:5~9月頃 夏、黄・橙・暗赤色などの花を咲かせる

由 来:年に何度もある聖母マリアの祭日に花期の長いマリーゴールドがいつも咲いていたことから「聖母マリアの黄金の花」が転化したことから由来する

花言葉:嫉妬、予言(橙色)、健康(黄色) など

誕生花:6月5日、9月2日(黄色) など

 f:id:meisa33:20200115101215j:plain f:id:meisa33:20200115101220j:plain

特 徴:
・一重、八重、カーネーション咲き、クラウン咲きなどの花姿(咲き方)があり、花色と花姿の組み合わせで実に多彩な品種がある
・花には独特の香りがあってこの香りが害虫を駆除する効果があるので、ハーブや野菜などと栽培されるコンパニオンプランツとして利用されている
・高温多湿、乾燥のどちらにもどちらにも強く育てやすいので初心者にもオススメ

病害虫:ハエモグリバエ、トラフアザミウマ、ハダニ など

手入れ:花壇に植える際、定期的に新しい土と入れ替えることで病気の発症率が下がる

メ モ:
・メキシコ原産の植物で、日本には江戸時代初期に渡来したといわれている
 

写真素材 PIXTA