めいのきまぐれ植物図鑑

花の由来・花言葉・誕生花などを紹介します

ヒメヒオウギ

 ヒメヒオウギ(姫檜扇)

種 類:多年草 アヤメ科 フリージア

別 名:ラペイルージア

和 名:ヒメヒオウギ(姫檜扇)

学 名:Freesia laxa

花 期:4~5月頃 白や朱色の花を咲かせる

由 来:檜の扇を広げたような葉のつき方をしたヒオウギに似ていて、小さく可愛らしい姿から由来する

花言葉歓喜、青春の喜び、楽しい思い出 など 

誕生花:6月20日、7月29日

f:id:meisa33:20191203113859j:plain

特 徴:
ヒオウギに似ているが、ヒオウギとは属が異なる
ヒメヒオウギは半耐寒性の秋植え球根で、夏は休眠する
・茎葉は細く、草姿が小さいわりには比較的大きな花を咲かせる

病害虫:アブラムシ

手入れ:こぼれダネでもふえるため、株をふやしたくないときは、花がらを早めに切り取る

メ モ:
南アフリカ原産の植物で、日本には大正時代に渡来したといわれている
 

写真素材 PIXTA