めいのきまぐれ植物図鑑

花の由来・花言葉・誕生花などを紹介します

モチノキ

モチノキ(黐の木

種 類:常緑高木 モチノキ科 モチノキ属

別 名:ホンモチ など

学 名:Ilex integra

花 期:4月頃 黄緑色の小さな花を咲かせる

果 期:11~12月頃 熟すと赤い果実をたくさんつける

由 来:樹皮から鳥黐の原料が採れることから由来する

花言葉:時の流れ など

誕生花:12月19日

f:id:meisa33:20190802134631j:plain f:id:meisa33:20190802134636j:plain

特 徴:
・潮風、大気汚染に強く、葉に水分が多いことから防火用として高生垣として使われることも多い
クロガネモチとモチノキの違いは、モチノキの葉は黄緑色で先端が突き出て丸みがあるのに対し、クロガネモチの葉は黒紫色で先端が突き出ておらず尖っているのが特徴
・日本原産で、暑さにも強いため、栽培が容易
 
病害虫:アブラムシ、ハダニ、うどんこ病 など

剪定時期:6~7月頃、11~12月頃
※病害虫の被害を防ぐために枝を透かすような剪定を年に2回行うと良い
 
メ モ:
・モチノキは「家を持つ、金を持つ、嫁を持つ、子を持つ」の「持つ」と通じるとして、とても縁起のいい木とされている
・日本庭園には欠かせない樹木で、「モッコク」「モクセイ」とともに「庭木の三大名木」とされている
・近年、「鳥獣保護法」によって鳥餅を使用した狩猟は禁じられている
 

写真素材 PIXTA