めいのきまぐれ植物図鑑

花の由来・花言葉・誕生花などを紹介します

アベリア

アベリア

種 類:半常緑低木 スイカズラ科 ツクバネウツギ属

別 名:ハナゾノツクバネウツギ、ハナツクバネウツギ

学 名:Abelia × grandiflora

花 期:5~10月頃 白色や薄紅色の花を咲かせる

果 期: -

由 来:別名「ハナゾノツクバネウツギ」は、花の落ちた後の萼片の形が羽根つきの羽根に似ていることから由来する

花言葉:強運

記念樹:入学・入社祝い
 

f:id:meisa33:20190401160008j:plain f:id:meisa33:20190401160017j:plain
・アベリア グランディフローラ(左) ・アベリア ホープレイズ(右) f:id:meisa33:20190401160210j:plain
・アベリア エドワードゴーチャー
 
【主な品種】
エドワードゴーチャー…ピンク咲きで、葉は一般のアベリアより小さく、全体的に小型
・フランシスメイソン…淡桃色で、葉の縁に黄色の斑が入る
・コンフェティ…白花で、葉の縁に白色の斑が入り、秋ごろになると斑の部分が紅葉する
サンライズ…若葉は縁に黄色の斑が入り、秋ごろに赤オレンジ色に紅葉する
ホープレイズ…白花で、葉の縁に黄色の斑が入り全体的に小型
 
特 徴:
・刈り込みに強く、排気ガスや病害虫にも強いため生垣等によく利用される
・花の香りが強く、長期間花を咲かせるため、真夏の時期にはよくアベリアの花にチョウや蜂が集まる

剪定時期:4~8月頃
 

写真素材 PIXTA